これからのロマンティックについて

こんにちわ、山本です。正式なオープンから2週間経ちました。オープンに伴い、多くの方からご注文いただくことができました。厚く御礼申し上げます!、ありがとうございます!!

そして、その2週間の中で東京ロマンティックベーカリーの推しが少し見えてきたように思えます、また逆に課題が浮き彫りになったのも然りです。現在、そうした部分の改善、アップデートに取り組んでいるところであり、11月からまたマイナーチェンジしたラインナップをご用意したいと考えております。

具体的なテーマとしては、

①ご利用シーンに応じたアイテムのご用意

②旅感・多国籍感を演出

の2点に集約されます。

①は例えば「ファミリー向け」だったり、「お子様用」だったり、「お酒と一緒に楽しむ方のために」など、ご利用シーンと動機を明確化したアイテムを取り揃えてまいります。

②は多国籍パン工房らしいアイテムをラインナップに加え、差別化とともにアイデンティファイしていきたいと思ってます。カレーにあわせるチャパティだとか、ケバブサンドなどでお馴染みのピタパンをご用意する予定です。

そして、その前に一部、メニューを微調整しました。初動においては燻製帆立パンや燻製ジャムシリーズなど完全オリジナルにメニューにご好評いただきましたので、そうしたオリジナリティを少し強めに打ちだしています。

また、サイトの新しいコンテンツとして「Yukaとパンのロマンティック物語」というブログコーナーも新設・公開しています。Yukaさんのパンに対するロマンティックな愛情を感じていただければ幸いです。

引き続き、東京ロマンティックベーカリーをどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。