自家製酵母のシュトーレン2021

いよいよシュトーレンの季節になりました。

こんにちは、YUKAです。

昨年に引き続き、今年も数量限定ですが
シュトーレンを焼かせていただきます!

このシュトーレン、私自身かなり長く作りこんでいるレシピです。

なので、こだわりが年々強くなっていってます笑

『自然派シュトーレン』であることを1番に、
できる限り時間を惜しまず手作りすることです。

初夏から自家製みかんピール作り。
(無農薬の夏みかんを自分で収穫して、皮だけを茹でて、甜菜糖で煮ます)

今年は段ボール3箱分をピールにしました。

そして、ドライフルーツのラム酒漬けを作り、じっくり2ヶ月漬け込みます
(レーズンとイチジクを蒸してからラム酒に漬け込みます。お酒に弱い私はこのラム酒漬けだけで酔っ払ってしまいそうです!)。


レーズンで酵母をおこす自家製酵母。

シュトーレンはドイツの焼き菓子ですが、私のレシピはパンに近いシュトーレンです。みかんピールを生地にたっぷり加えるので生地の甜菜糖を控えめにしています。

そして、どこを切ってもドライフルーツたっぷりになるように、プレーンやいちじくを真ん中に並べていれるのです。

シュトーレンはバターと粉糖でコーティングして日持ちさせるものが多いのですが(クリスマスの雪をイメージさせますね)、このシュトーレンはラム酒シロップを染み込ませています。自家製酵母のパン生地とドライフルーツの甘味を楽しんでいただきたいからです。


そんなこだわりの詰まったシュトーレン。


日をおくごとに、自家製酵母の生地とドライフルーツが深みのある美味しさを作り出します。日々、変化していくシュトーレンをお楽しみくださいませ。

自家製酵母のシュトーレン

https://tokyoromanticbakery.com/collections/2001-2osusume/products/stollen2021

 

冬のシュトーレンコレクション

https://tokyoromanticbakery.com/collections/2001-2osusume/products/winter2021